Wed.

Fujirock Festival 2017  

今年もフジロックへ行ってきた。

IMG_20170728_112533.jpg RIMG0225.jpg RIMG0106.jpg

今年も3日間の参加であったが、帰りが月曜日未明だったのでより多くのアーティストを堪能できた。
ただ、昨年は3日間の晴れていたのに対し、今年はけっこう雨に降られた。
まあ、ライブに熱中してるとそんなのも吹き飛んでしまうのだけど。

RIMG0188.jpg RIMG0024.jpg

忙しくしてる中、多くの友人と乾杯できたし一緒にライブを観たりと大変有意義な3日間を送ることができた。

RIMG0079.jpg RIMG0063.jpg RIMG0137.jpg
RIMG0186.jpg RIMG0175.jpg RIMG0036.jpg
RIMG0218.jpg IMG_20170728_114004.jpg RIMG0143.jpg

キャンプ泊の予定であったが、友人が開催当日になって人を受け入れ過ぎたため、当方は車中泊することに。最初は腑に落ちない気分ではあったが、一人でゆっくり寝れるし場内1の駐車券だった為、かなり快適に過ごすことができた。

3日間張り切りすぎたため、日記を書いている今はかなりの筋肉痛であるが、むしろ3日間を思い出させてくれて幸せを感じている。
もちろん来年も3日間行くつもりである。早く来年にならないかな。

観たバンドは全て素晴らしかったのだけど、厳選するとしたらこの5アーティストが私的にはベストだった。

1位︰Bonobo
RIMG0209.jpg
2位︰LCD Soundsystem
RIMG0167.jpg
3位︰The xx
RIMG0052.jpg
4位︰Avalanches
RIMG0122.jpg
5位︰Father John Misty
RIMG0043.jpg

他にもGallantや小沢健二やDeath Grips等など最高だったのだけど、数を上げれはキリがないので。
まあ、とにかく充実していたってこと。

にしても今年は混雑してた!来年はもっと緩めてお願いしたいなw

★観たアーティスト★

〜金曜日〜
グループ魂
DE DE Mouse
Gallant
Father John Misty
The xx
Sampha
Gorillaz

〜土曜日〜
Ramona Flowers
Fin.
Day Wave
Amazons
Cocco
Avalanches
Death Grips
小沢健二
LCD Soundsystem
A Guy Called Gerald
Nina Kraviz


〜日曜日〜
DYGL
Maggie Rogers
JET
Slowdive
YUKI
Bonobo
Lorde


2017/08/02 16:22 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

Tue.

映画︰7月  

・ありがとう、トニエルドマン(新宿武蔵野館)
・ボンジュール、アン(TOHOシネマズ六本木)
・ハートストーン(恵比寿ガーデンシネマ)
・ローサは密告された(試写会)

・帰ってきたヒトラー
・日本で一番悪い奴ら
・ドクター ストレンジ
・FAKE
・ケンとカズ
・好きにならずにいられない
・アントマン
・シビルウォー / キャプテン
・愛おしき隣人アメリカ
・インサイド マン
・スコット ピルグリム vs 邪悪な元カレ軍団
・ハイヒールの男
・突然、みんなが恋しくて
・ファーナス 決別の朝
・アラビアのロレンス
・激動の昭和史 沖縄決戦
・汝の敵 日本を知れ



2017/08/01 09:24 [edit]

category: 映画

tb: 0   cm: 0

Mon.

音源︰7月  


Calvin Harris
『Funk Wav Bounces Vol.1』(2017)

Baio
『Man Of The World』(2017)

DYGL
『Say Goodbye Memory Den』(2017)

Populous
『Azulejos』(2017)

Mondo Grosso
『何度でも新しく生まれる』(2017)

Sufjan Stevens
Bryce Dessner
Nico Muhly
James McAlister
『Planetarium』(2017)

Ásgeir
『Afterglow』(2017)

Washed Out
『Mister Mellow』(2017)

Broken Social Scene
『Hug Of Thunder』(2017)

Public Service Broadcasting
『Every Valley』(2017)

This Is The Kit
『Moonshine Freeze』(2017)

Haim
『Something To Tell You』(2017)

Toro Y Moi
『Boo Boo』(2017)

JFDR
『Brazil』(2017)

J. Bernardt
『Running Days』(2017)

Abram shook
『Love At Low Speed』(2017)

Amazons
『The Amazons』(2017)

Songhoy Blues
『Résistance』(2017)

Train
『A Girl A Bottle A Boat』(2017)
『Drops Of Jupiter』

The fin.
『Days With Uncertainty』

Bonobo
『The North Borders』

King Tao Orchestra
『Mako』

LCD Soundsystem
『This Is Hapenning』

Major Lazer
『Peace Is The Mission』




2017/07/31 11:18 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

Sat.

本︰7月  

トミヤマユキコ
清田隆之
『大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ』

サンキュータツオ
『もっとヘンな論文』



2017/07/29 15:36 [edit]

category:

tb: 0   cm: 0

Thu.

旅日記 〜韓国編2017〜 day2  


映画『タレンタイム』の目覚まし音で5:30に起床。絶望的なコンディションではあったが、何とか起き上がる。

2日目は安東という世界遺産登録されている地へ。
バスを乗り継ぎ、3時間ほどかけて目的地へ辿り着いた。
移動中は爆睡していたので気がつかなかったが、バスを降りるとまさかの土砂降り…しかも寒い。
そのせいもあり、客はもちろんのこと、住民もまばら。
各見所も閉まっていたりと若干拍子抜け。

15010398080.jpeg 15010398320.jpeg 15010398530.jpeg

更に昨日のチヂミがあたったようで下痢状態。終いには悪寒までしてきたりとコンディションは下がる一方。

安東の後にチムジルバンに行くので、そこでゆっくり休養を取ることに。というか遺産散策中もそのことしか頭になかった…。けっきょく3時間ほど費やすつもりが、1時間弱で終了。再び3時間ほどかけてテグに戻ることに。

バスに乗っている間もコンディションでは最悪であったが、テグに戻り外を眺めると、先程までの豪雨が幻想だったのではと思うほどの超快晴。
(後に知るのだが、どうやら安東周辺だけが土砂降りになっていたようでニュースを見ると洪水になっている所まであった。)

チムジルバンへ直行することに。

15010398870.jpeg

約二時間半、チムジルバンの他にも風呂、サウナで身体を温め見事に復活。
先ずは乾杯しかないだろう。

15010399170.jpeg
(ビールうまい)

完全回復したので、次はトンソンノというテグの明洞と呼ばれている場所を訪れた。

15010399540.jpeg 15010399770.jpeg 15010400050.jpeg
(だいたいわかった。)

15010400260.jpeg 15010400450.jpeg 15010400770.jpeg

ここでサムギョプサルを食べさらに元気に。

すると友人がいいとこに行きたいと言い出した。自分はそこまで乗り気じゃなかったので付き添いだけで済ますことに。
呼び屋のオバちゃんの隣で缶ビールを飲んで待つことに。

15010401130.jpeg 15010401310.jpeg

友人がスッキリした顔で帰ってきたので宿に戻ることにした。

最後に宿の近くの繁華街をブラブラしていたのだけど、ここが意外と面白くて、けっきょく飲むことに。

15010401620.jpeg 15010401940.jpeg 15010402160.jpeg

15010402320.jpeg 15010402530.jpeg

気が付くと夜中2時をまわっていた。
翌日のフライトは午前中なので、大人しく宿に戻ることに。

これにて日記は終わるが、3三連休のプチ旅としてはなかなか充実していたのではないかと思う。体調崩さなければなおことだったが。。

2017/07/27 10:57 [edit]

category: 旅(韓国︰二回目)

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top