Sun.

旅日記 ~トルコ編2013~ day11  

さすがmetro社だ。
あの大雪の中、予定時刻を遅れることなくしっかり到着した。

さて、今日は実質最終日みたいなものだ。

実は宿に関しては、前回イスタンブールにいた時に良さそうで値段も手頃な場所を見つけ、既に予約しておいた。
前回と同じで旧市街の宿だ。

再び旧市街に行くと、そこは1週間前とは印象が変わっていた。

雪が残っていたし、観光客がほとんどいない。
街にも活気が感じられなかった。

今考えると、最初に行った時はハイシーズン並みの人だったのではないだろうか。

RIMG0877.jpg RIMG0889.jpg

最終日に一つだけ行っておきたい場所があった。

トルコにはロカンタと言われるトルコ風の食堂がある。
ここのメリットは物価の高いイスタンブールでも食事が安く食べられる。
デメリットもあって、基本的にアルコールは販売しない。

一つ目をつけていた店があったので、そこに行ってみることにした。

店につくと、地元の人で行列を作っていた。
地元の人が行くくらいだから間違いないだろう。

RIMG0894.jpg RIMG0895.jpg RIMG0886.jpg

回転率が早いのか、5分ほど待っていたら直ぐに自分の番はやってきた。

そして肝心の味は…もちろん美味しかった。
ここでビールが飲めれば毎日通っていたかも。。

食事を済ませた後は特に目的もなくブラブラ歩いていた。
もうすぐ旅も終わりかと思うと、寂しい気持ちにもなる。

と言いつつも次のプランも練ったりしていて。。

今回は初めてのヨーロッパということで、ギリシャ、トルコと行ってきた。
確かに今まで多く行ってきた東南アジアとは雰囲気が違ったのは確かだ。。

しかしそこで出会うのも同じ人間だ。
そういう意味では、その程度は大した違いにはならないのかもしれない。

とはいうものの、今回せっかくヨーロッパに足を踏み入れたわけだし、次回もヨーロッパの世界に浸りたいと思う。

ということで次回はイタリア→フランス→スペインを周る。
これはもう決まったことだ。

なぜならチケット手配してしまったので…

2013/01/27 00:56 [edit]

category: 旅(トルコ)

tb: 0   cm: 0

Sat.

旅日記 ~トルコ編2013~ day10  

雪は先日より酷くなっている。。

今日はレッドツアーに参加する日。
これほどの大雪でもツアーだけは毎日開催されるらしい。

バルーンは度々キャンセルになるようだが。

そして、ツアー終了後に夜行バスでイスタンブールに戻る日でもある。

もう旅も終わりに近づいている。
残すところ二日だ。

まずはレッドツアーに参加。
晴れていれば、違った景色が見られるようなのだが、これだと全て一緒に見えてしまう。

RIMG0777.jpg RIMG0857.jpg RIMG0805.jpg

今回のツアーは10〜15人ほど参加していたが、そのほとんどは韓国人だった。
10人ほどいたが、そのうち2人が日本語ペラペラときた。

一人に至っては、沖縄以外は日本はほぼ旅行したと言っていた。

最近の報道を見ると、また仲が怪しくなってきたのかなあと思うこの二カ国。

このひと時ではそんなのを忘れさせてもらった。

さてさて、ツアーも終了し後は夜行バスに乗り込むだけ。

明日の朝にはイスタンブールに到着する予定だ。

サッカーショップでも行こうかな。。


2013/01/26 12:39 [edit]

category: 旅(トルコ)

tb: 0   cm: 0

Fri.

旅日記 ~トルコ編2013~ day9  

外を見るともう雪は積もっていた。

今日はグリーンツアーというのに参加する。

カッパドキアのツアーにはグリーン、レッド、ブルーと何故か色に別れていて、主催するツアー会社によって若干ルートや行く場所が違うが名前はこのカラーで統一しているらしい。

シーズンオフということもあってか、ツアーの方が自分でバイクやバギーを借りて行くより安上がりだったりもする。
まあ今日に関してはツアーでなければまず行けないだろう…

外に出るとかなり寒い。
自分は人一倍寒がりなので、ホッカイロを貼っている。
下はヒートテック2枚にレインコート。
上はヒートテック3枚にパーカー、ダウン、そしてレインコートだ。

それでも寒かった…

宿の人に聞くと、昨日の夜は-15度まで下がったとか…未知の世界だ。。

RIMG0694.jpg

グリーンツアーでは洞窟であったり渓谷などを歩いた。

RIMG0690.jpg RIMG0695.jpg RIMG0706.jpg

洞窟や渓谷は区別がついたが、有名なカッパドキアの地層に関しては雪に埋もれていましよくわからなかった。

RIMG0744.jpg RIMG0743.jpg
(スターウォーズで使われた場所らしい。)

上り坂になると転倒する人も多々見られたし、正直危険を感じた。

明日は更に悪化するという予報。

一応レッドツアーに参加するのだが…

2013/01/25 01:42 [edit]

category: 旅(トルコ)

tb: 0   cm: 0

Thu.

旅日記 ~トルコ編2013~ day 8  

トラブゾンからカッパドキアまではけっこう長かった。

カッパドキアではツアーに参加しようと思っていたが、到着した時間がもう遅かったので今日は宿にチェックインし、街中を散策してみることに。

しかしシーズンオフだからだろうか、人が全然いない。。
本当に閑散としている。

RIMG0619.jpg RIMG0638.jpg RIMG0636.jpg

宿の人に聞いてみると、明日からは大雪だとか…
カッパドキアはトルコの中でも気温はかなり寒い方だが、実はあまり雪は降らないらしい。

RIMG0622.jpg RIMG0632.jpg
(うーん、曇り気味。)

とりあえず雪でもツアーは催行されるし、雪のカッパドキアもまた違った魅力があるとのこと。
確かにそうだなと思い開き直り、ビールを飲みに行くことに。

RIMG0641.jpg
(やっぱトルコのビールはエフェスだ)

ほろ酔い気分になったら急激な眠気が…宿に戻り眠りにつくことに。

しかしこの旅は直ぐ眠くなるなあ。

疲れなのか、時差ボケなのか。。。

2013/01/24 00:02 [edit]

category: 旅(トルコ)

tb: 0   cm: 0

Wed.

旅日記 ~トルコ編2013~ day 7  

今日はツアーでスュメラ僧院という場所へ行ってきた。
トラブゾンからは1時間以上離れていただろうか。
けっこうな山奥にあり、雪もつもっていてかなり寒かった。

RIMG0567.jpg
(行く途中。ツインピークスに出てきそうな雰囲気)

RIMG0573.jpg RIMG0593.jpg RIMG0614.jpg

イスラム教が勢力を拡大していた時代だったので、キリスト教はここまで逃げざるえなかったと…
しかし凄い場所に建てたもんだ。

因みに今回のツアー。

バンに乗ると、そこにはトルコ人家族が一組。
父、母、息子の構成。
とは言っても息子は成人している様子で、父、母は高齢な方達だった。

後は、ロシア人の家族+その友達。
父、母、娘二人+友達の構成。
娘は一人は25歳くらいか。もう一人は10代だった。
友達は長女の方と友達だった。

最初はほとんど絡まなかったが、最終的にはけっこう話しをした。

トルコ家族の息子の名前はエムレといい、塾?のようなところで英語を教えているらしい。
話すスピードも早くないし、文法もしっかりしているのでとても聞きやすかった。

ロシアの人たちは、友達がマリアという名前でその人だけが唯一英語を話すことできた。

マリアは自分が日本人だと知ると凄い話しかけてきた。
どうやら日本に少し興味があるらしく、若干日本語も話していた。
会話になるほどではないが…

更に興味を持ったのが、ロシア人家族だった。
どうやら次女が無類の日本のアニメ好きなようで、将来日本に住むと言っている。
親父がノリノリで最終的に名刺を渡され、帰国したらメールをくれと言ってきた。

お互いの言語は全くわからないのですが。。

そんなんで、ツアー自体はけっこう楽しめた。
たまにはこういったのに参加するのも楽しいもんだと感じた一日であった。


2013/01/23 00:22 [edit]

category: 旅(トルコ)

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top