目覚めると外はかなり強い雨が…昨日じゃなくて本当に良かった。

この日の予定は朝8時にカランバカに到着の鉄道に乗り、終点のテッサロニキに向かう。
12時くらいだったか?にテッサロニキ駅に到着し、その日のうちにトルコのイスタンブール行きの夜行バスに乗り、翌朝にはイスタンブールのオトガル(バスターミナル)に到着するという計画。

因みにこの日はほとんど写真は撮っていない。
それほど苦労した一日であった。

先ず大雨のなか宿からカランバカの駅へ。

securedownload.jpg

ホームが二つあり、どっちに列車が来るのかわからなかったので駅員に質問した。
適当な感じでプラットフォーム1だと言われたので、もう一度確認したらナゼかキレられた。
そもそもプラットフォームの番号なんてどこにも書いてない…
しばらくまっていると列車が到着した。しかしどの車両に乗ればいいのかさっぱりわからないときた。(チケットは指定席)
先程聞いたのヤツに聞くのも嫌なので、適当な車両に乗って席の番号だけ合わせて座った。

ギリシャの鉄道は時間にルーズと聞いていたが、テッサロニキには定刻には到着した。
車内も暖かいし、椅子の座り心地も良かった。
値段もバスより安いし、バスみたいに乗り換えなしでテッサロニキまで行けるので結果的には良かった。

テッサロニキ駅に到着後、先ずやらなければならないのは、イスタンブール行きの夜行バスチケットの確保。
ギリシャとトルコのバスを運行しているのはMetro(地下鉄かと間違えそうだが)という会社でトルコでは超メジャーなバス会社の一つだ。実際にトルコ旅中は何度かお世話になった。

しかしこの会社のオフィスはギリシャには存在しないらしく、ギリシャからトルコに向かう場合は旅行代理店を通さなければチケットを確保できないようなのだ。
そのチケットを扱っている代理店がcrazy holidaysというとんでもない名前の代理店だけなのだ…

事前の情報ではcrazy holidaysはテッサロニキ駅の直ぐ側にあるということだったので、到着後に探したのだが全く見つかる気配がない…
10分程歩き自分でも確実に通りすぎていることを自覚し始めた頃、そこそこ大きなホテルがあったのでそこのホテルマンに聞いたところ、わざわざ地図をコピーしてくれて、場所をマジックでチェックしてくれた。
とても親切な方だった。

チェックした所を見てみると、テッサロニキのメインストリートであった。
因みにテッサロニキ駅からメインストリートまでは徒歩20分以上はかかる。

どちらにせよメインストリートには行く予定だったので丁度いいやと思い、その地図を頼りにcrazy holidaysを探した。
しかし見つからない…メインストリートに到着後に直ぐ見つかると思っていたが全く見つからず…メインストリートじたいはそれほど大きくないので見つからないはずはないのだが…

色々な人に聞きまくるが誰もわからず…1時間近くさ迷った後、ようやく発見した。

そこは雑居ビルの二階に存在した…しかもインターフォンを押さなければ入れないようなビル(アパート?)の一室…そりゃあ見つからんわ。

そしてようやくチケットを手配。
ユーロはもう使うことがないので、カード支払いをしようとしたが、キャッシュオンリーと言われる。
仕方なくATMを探す。
(実はこの時点でかなりイライラしていた。)

苦労してようやくチケットを確保した。
時間はもう17時を回っていた。

当初の予定ではテッサロニキ到着後に直ぐにイスタンブール行きのチケットを確保。
その後、テッサロニキの街を散策(テッサロニキにも世界遺産があるので)する予定だったが、最早どうでもいい。
雨はやんだものの、相変わらずはっきりしない天気。

しかもバスターミナルが事前情報で仕入れた場所とは遥かに離れているという事実を知る。
とてもじゃないが徒歩では行ける距離ではない。
なるべくお金は使いたくなかったがタクるの決定的だ…やれやれ。

けっきょく夜行バスまでの残り時間はスタバでくつろいだり、小さな店でビールを足しなんだりで過ごした。

securedownloadi.jpg

救いだったのはバス停まで5ユーロですんだことか。

アドバイスになるのかわからないが、自分の場合はどうしてもこの日にイスタンブール行きの夜行バスに乗りたかったのでこういう結果になった。
テッサロニキに一日滞在する余裕のある人であればここまでてんやわんやすることはないと思う。

とにかく疲れた一日だった。

P.S.

事前の情報ではcrazy holidaysは夜の21時位でまでは営業しているとのことだった。
しかし自分がチケット購入した直後、もう店を閉めるから出ていけと言われた。

その後、テッサロニキ駅付近のもう一つのcrazy holidaysオフィスを見つけたが既に閉まっていた。
それが18時頃。

やはりオフシーズンなのか…出発当日にチケットを取りたい人はその点を気をつけるべき。
まあ、それも運次第か。

もし自分がチケットをとる時点でオフィスが閉まっていたらと思うと…

計画にズレが出ていただろう。
というか個人的にはテッサロニキには宿泊したくなかった。


2013/01/16 18:11 [edit]

category: 旅(ギリシャ)

tb: 0   cm: 0
朝起きると快晴だった。
まずはほっとした。
ここで雨が降られたら計画は崩れてしまう。

特にメテオラに関してはどうしても歩いて周りたかったので。

予定としては、カランバカからメテオラの一番遠くにある修道院までタクシーで行き、そこから何時間かかけて他の修道院も行きつつ、カランバカの街に戻ってくるというプラン。

ハイシーズンであれば、カランバカからバスが出ているのだが今はシーズンオフなので、そのような物はなし…

タクシーに揺られること10分ほどすると、そこには壮大な景色が…
これは凄い。

奇岩にへばり付くように修道院が建てられている…もはや岩の一部と化しているようだ。
よくもこんな場所に建てたもんだな。

とくにかく感動した。

RIMG0148.jpg RIMG0123.jpg RIMG0125.jpg

RIMG0130.jpg RIMG0147.jpg RIMG0159.jpg

RIMG0150.jpg RIMG0137.jpg

けっきょく4時間ほどかけてカランバカの街に戻った。
クタクタではあったが、あの景色を見ながらトレッキングできたのは本当に幸せだった。

写真では凄そうだと思っていたが、実際に見るとより凄さが伝わってきた。
今まで見てきた数々の建造物の中でも一番かもしれない。。。

とりあえず、喉を潤そうと近くにあるタベルナで一杯。

RIMG0175.jpg RIMG0176.jpg

ここカランバカは親切な人が多い。
挨拶すれば、皆笑顔で返してくれる。

本当に良い街だ。

明日はテッサロニキに行き、そこから夜行バスでトルコに渡る予定だ。
もうギリシャともお別れだ。

アテネには長居しすぎたような気がするが、日程的にはギリシャにもう少しいても良かったのかなあと、今ブログを書きながら思ってもいる。


2013/01/15 00:06 [edit]

category: 旅(ギリシャ)

tb: 0   cm: 0
本日もアテネは晴天。
朝8時に宿をチェックアウトしてそのままアクロポリスに直行。

アテネで宿泊したゲストハウスはアクロポリスまで徒歩5分で行けてしまう好立地だ。
アクロポリスに限らずアテネの街中を歩いていると、所々に神殿のような物がポツンと現れるので、なにか不思議な感じがする。

それにしてもアクロポリス…素晴らしいの一言。
神殿の素晴らしさはもちろん、アクロポリスは丘の上にあるので、そこから見渡せるアテネの街の景色が素晴らしかった。

RIMG0096.jpg RIMG0090.jpg RIMG0097.jpg
(聖闘士星矢の世界だね)

神殿やら音楽堂などがあるのだが、だいたい1時間もあれば充分に周れる。

この日はカランバカの街にバスで向かうので、カランバカ行き(実際は直通はなく、乗換えが必要)のバスがでるバスターミナルまで向かった。
この場所がけっこうわかりづらい所にあり、見つけるのに大分苦労した。
まあ、アテネからカランバカに向かうバスは一日に何本か出ているという情報は仕入れていたので、それほど焦りはしなかったが。

バスは出発時間前にしっかりと到着し、しっかりと予定時刻に動き出した。
実はこういうのはけっこう重要。
自分はこういう所でその国の人が信用できるのか?などを判断したりもするので。

よってギリシャ人は信用できるであろうと判断した。
(まあ、バス停のキヨスクで店員とお釣りでかなり揉めたのだが…もちろんあっちのミスなわけで…)

夕方頃にカランバカの街に到着。
アテネと比較すると気温がかなり低い。
またシーズンオフということもあるのか街には活気がなく、寂れた街という印象。

しかしバックにはとてつもない巨大な岩壁が。。
こ、これは凄い。
明日はこの天辺にあたりに自分が行くと思うと心はかなり躍った。

RIMG0121.jpg

とりあえず今日はする事もないので、安そうなタベルナでビールとツマミになりそうな物を頼んで一休み。

RIMG0112.jpg
(ギリシャにはビールは5,6種類あった)

アテネと違い、人はかなり優しかった。
それだけでこの街が好きになってしまった。

明日はいよいよメテオラだ。

それにしても宿がクソ寒かった。
暖房の温度を一番暖かくしても利きが弱く、夜は凍え死ぬかと思った。

2013/01/14 18:46 [edit]

category: 旅(ギリシャ)

tb: 0   cm: 0
ボクシングデー。
やはり昨日と同様でアクロポリスやミュージアムは閉まっているのでどうしようかと悩む。

そういえばギリシャにはエーゲ海沿いの白い家が並ぶ島々が有名。
リゾート地として認知されているが、今の時季はロウシーズンということもあり天気はあまりよくないとのこと。

しかし今日は快晴だ。
近場の島なら行けるかもということでネットで調べたらイドラ島というとこがあるとのこと。

シーズンオフのタイムテーブルも掲載されていて、今から向かえば間に合いそうだ。
早速フェリー乗り場がある駅にメトロで向かうことに。

それにしてもアテネのメトロは落書きだらけだ…
外観も内観も酷いこと…治安もあまりよくないんだろうなぁと思ってしまう。。
実際にメインストーリートを外れると、街並みは落書きだらけになり少し嫌な雰囲気が漂う。
今回は行かなかったが、メイン広場とは別にオモニア広場という場所があり、そこは更に治安が悪いとのこと。。

RIMG0013.jpg RIMG0012.jpg

また走行中にジプシーの流しの演奏、ホームレスの物ごい、ティッシュペーパーの物売りなどが次々と現れる。
電車に乗っているのがやたら長く感じたが、30分ほどでフェリーの最寄駅に到着。

RIMG0052.jpg
(見晴らしはgood)

チケット売場でタイムテーブルを聞くと既に出港していると言われた…うそーん。。
ネットのタイムテーブルと違うじゃんよ。。

やれやら、予定が完全に空いてしまった。

どうしようかと悩んでいたところ、マイチームのFC東京の10番梶山陽平がギリシャのパナシナイコスに移籍するのが濃厚だったのを思い出した。
てことでパナシナイコスのホームスタジアムまで意味もなく偵察しに行くことにした。

RIMG0057.jpg RIMG0053.jpg

スタジアムは素晴らしかったが、その周辺はそれはそれは酷いこと…

RIMG0062.jpg
(アテネ五輪の時はボックスオフィスとして使われていたっぽい。もう8年くらい経つのに放置か)

財政破綻…そんな言葉が頭をよぎった。

そんなんで色々散策していたらけっこういい時間になってきたので市街地へ戻った。
市街地にはマクトナルドがある。ご当地メニューを期待して探してみるとやはりあった!
その名もGreek burgerだ。
しかもマックには無料Wi-Fi飛んでいるので快適だった。

RIMG0083.jpg
(味はケバブみたいだった)

マックで今後のことを色々調べていたらあっという間に夜9時を回っていた。

明日は午前中にアクロポリス等を見て、午後にはバスで次の目的地カランパに向かう。
ここにはメテオラがあり、この旅のメインの一つだ。

楽しみ。

2013/01/13 11:19 [edit]

category: 旅(ギリシャ)

tb: 0   cm: 0
旅は行き帰りの移動日も含めると12月24日〜1月11日まで。
まずはギリシャに入り、トルコから帰国することにした。

そもそも今回の旅はトルコに行きたいということで計画したものだった。
トルコについていろいろ調べていたところ、隣国にあるギリシャにも少しづつ興味が湧いてきたので、ギリシャも行ってみようということで、思い切ってチケットを購入した。

ちなみに利用したのはカタール航空。
タイミングよくキャンペーンをしていて、全込で6万円で行くことができた。

途中、カタール(ドーハ)で乗り継ぎがあるが、わずか3時間ほどなので、アクセスはかなりいい方だと思う。

RIMG0002.jpg

ドーハの空港は無料のWi-Fiも飛んでいるし、暇つぶしもできるので3時間の乗り継ぎも退屈しなかった。

そして出発時間になった。
しかしテイクオフする気配がない。
自分は目的地がギリシャなので気にしていなかったが、周りにいる外国人(どうやらギリシャ人だったようだ)がカタールのCA達にブチギレ。
どうやらアテネからの乗り継ぎに40分しかないようで、このままじゃ間違いなく間に合わないと訴えているようだ。

さすが外国人。
日本人だったら、大人しくしている人がほとんどだろうなあと思いつつ眺めていた。

カタールのCAなので、ギリシャ人ではなくカタール人やシンガポール人のCAがいたように見受けられた。

けっきょく30分遅れでのフライトになったが、アテネには予定通りの到着だった。
かなり飛ばしたのだろうか。。

ついにヨーロッパに足を踏み入れた。
今までアジア、アメリカ大陸やオーストラリアなどの別の大陸には足を踏み入れたことはあったが、ヨーロッパは初めてだったので少し緊張気味。

空港で最低限の両替をして、鉄道でアテネのゲストハウスに向かった。
今回はドミトリー3人部屋バスルーム付きだった。

部屋に入ると、アジア系の女の子が二人いた。
部屋はかなり狭く、ちょっと気まずい雰囲気。
(下着などが散乱してるし…)

RIMG0020.jpg

お互い軽く自己紹介した。
アジア系だったので、シンガポールあたりの人たちかと思っていたが、なんとアメリカのシカゴ出身だったようだ。
そう言われてみれば、アメリカンイングリッシュで発音もとてもクリアだった。

二人が部屋を出て行ったので、軽くシャワーを浴びた後に街を歩いてみることに。

RIMG0024.jpg RIMG0025.jpg

やはり今まで見てきた町並みとは違う。
ヨーロッパを歩いているなあという気分になった。

事前の情報ではクリスマスと翌日のボクシングデーは祝日に当たり、ほとんどの店は閉まっていると聞いていた。
確かにアクロポリス、ミュージアムなどは閉まっていたが、思ったより街は賑やかで全く退屈しなかった。

RIMG0039.jpg RIMG0040.jpg RIMG0042.jpg

外は日本よりは暖かいので、メインの広場で賑わいを見ていたが、時差ボケだろうか?睡魔が襲ってきたので、この日はゲストハウスに戻り就寝。

考えてみれば、日本とは7時間の違いがある。
確かに眠くなるわけだ。

ちなみに明日はボクシングデー。

特にやることもないのだが。。。


2013/01/12 15:30 [edit]

category: 旅(ギリシャ)

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top