二日酔いか…目が覚めると頭がガンガンした。

本日は実質旅の最終日みたいなもの。

注文を受けた分のお土産を買わなといけないし、最終日に部屋にこもっていても仕方がないので行動に移すことに。

まずはカンプノウ。
ここには博物館なんかもあり、かなり時間をここで満喫した。
ルー○ルより個人的には楽しめたかな。

RIMG1576.jpg RIMG1611.jpg RIMG1609.jpg
(スタジアム)

RIMG1622.jpg
(実際に試合前にプレーヤーが並ぶとこ)

3時間以上カンプノウに時間を費やし、次はピカソ展に行くことにした。
ここは初期のピカソが真面目?な絵を描いていた頃から後期のユニークな絵を描いていた頃の作品が飾られていた。

RIMG1646.jpg RIMG1645.jpg RIMG1648.jpg
(残念ながら中の写真は撮れず)

この後はお土産タイム。
一番大変だったのが、イニエスタワイン。

バルセロナサッカー史上のレジェンドの1人になるであろう、イニエスタのワイナリーで作っているワインだ。

これを売っている店がバルセロナには一店舗しかなく、その店の最寄り駅に行くアクセスが若干不便なこと…
他にもお土産を買い込んでいたので、かなり疲れた。

RIMG1650.jpg
(ジャケットは可愛らしいが、味は微妙だと言われた…店の人に。。。)

お土産タイムも終了したので、一旦宿に戻ってお土産を置いた後に再び街へ。

昨日のバルに行こうと思ったが、かなり歩き回っていたので体力の限界。
途中にあったアイリッシュパブに入ってしまった。

RIMG1652.jpg
(アイリッシュの客がクッソ煩かった。)

そんなこんなで最終日の夜はまさかのアイリッシュパブで過ごすことに。
まあそんなこともあるさ。

さて明日は本当に帰るだけだ。

早かったなぁ。

今旅も。。。。。。

2013/04/12 16:07 [edit]

category: 旅(スペイン)

tb: 0   cm: 0
遂にこの旅最後の地であるバルセロナに到着。

この日はとにかくガウディな日だった。

RIMG1404.jpg RIMG1414.jpg RIMG1416.jpg
(まずはガウディなサグラダファミリア)

RIMG1441.jpg
(次はガウディなカサミラ)

RIMG1447.jpg
(そしてガウディなカサバトリョ)

RIMG1453.jpg RIMG1455.jpg RIMG1466.jpg
(からのガウディなグエル公園)

RIMG1478.jpg
(締めはガウディな自動販売機…これはウソ)

といった感じでガウディを満喫した後はランブラス通りというバルセロナのメインストリートを歩いた。
夕方になると治安が悪くなると聞いていた。
自分は夜歩いていたが、特に危険は感じなかった。

人もかなり歩いているし、強盗などの心配はまずないと思われる。
スリなどにはきを気をつけたほうがいいかもいれないが。

RIMG1483.jpg RIMG1484.jpg
(市場やデパート、アパレルショップなど何でもこのストリートに揃っている)

RIMG1518.jpg RIMG1516.jpg
(道を外れると立派な大聖堂があり、その前ではフリマが開催されていた)

夜になりバルを探していたら、良さそうなとこを発見。
今回も見事に当たりだった。

そこで日本に住んでいたというおっちゃんと意気投合。
最初は胡散臭い奴だと思っていたら、とんでもない富豪だった。(オレからするとね…)
クラシックなカーやバイク。
そして自分のワリナリーを持っているとか…

RIMG1548.jpg RIMG1558.jpg RIMG1554.jpg
(二人分の飲み代を払って去っていった。)

とても充実した一日だった。

バルセロナはオシャレな人が多い。
東京で例えるなら高円寺だろうか。
個性的な人が多かったように感じた。

ガウディやピカソを生み出しただけある。

さてさて、明日は実質最終日みたいなものだ。

早いものだなあ。

2013/04/10 19:22 [edit]

category: 旅(スペイン)

tb: 0   cm: 0
この日は一日中動き回っていた。

朝8時にアルハンブラ宮殿を予約していたので、宿をチェックアウトして向かった。

RIMG1261.jpg RIMG1286.jpg RIMG1304.jpg
(建造物は素晴らしいが、やはりそこからの眺めがよい。)

アルハンブラ宮殿を二時間ほど切り上げ次はアルバイシン地区へ。
アルバイシンはあまり治安がよくないと耳にしていたが、特にそんなことは感じなかった。

RIMG1350.jpg RIMG1349.jpg
(ここの丘からはアルハンブラ宮殿を観ることができる。)

次はレアルジョというストリートへ。
ここはグラナダでも最も古い地区だったかな?

RIMG1360.jpg RIMG1371.jpg RIMG1384.jpg
(オシャレなお店やストリートアートが多い。)

そんなんで一日歩いていたらあっという間に暗くなっていた。

実は今日の夜の列車でバルセロナへ向かう。
到着は明日の9時ごろを予定している。

出発まで時間があったので、チェックアウトした宿にバックパックを取りに行き、シャワーも浴びさせてもらった。

そして…昨日のバルへ再び。

RIMG1389.jpg RIMG1391.jpg RIMG1387.jpg
(店員も覚えていてくれた。)

気がついたら出発まで一時間をきっていた。
町から駅まで若干距離があるのをすっかり忘れていた。

最後の最後に思いバックパックを背負って猛ダッシュ。

何とか間に合った。
と同時に凄まじい睡魔が襲ってきて眠ってしまった。

夢の中にはあのバルが…というのは嘘だが。

2013/04/09 23:05 [edit]

category: 旅(スペイン)

tb: 0   cm: 0
この日は早朝にマドリードに戻り、そのままバスでグラナダに向かう。

バスに乗っている間にも雨がどんどん強くなっているのがわかった。
そのせいで、バスも予定時刻を大幅に遅れていた。

グラナダの宿に到着したのは夕方18時過ぎだった。
天気もあまりよくなかったし、このくらいの時間でも特に気にはならなかった。

少し街を歩いていると、アラブストリートと呼ばれている通りでたどり着いた。
地図を見た時にはけっこう歩くのかなあと思っていたが、あっさり見つけてしまった。
これでだいたいグラナダの大きさが把握できた。

RIMG1199.jpg RIMG1202.jpg RIMG1203.jpg
(グラナダはスペインでも南のほうにあるので、北アフリカからの影響を受けたのだろう。)

次はフラメンコを観にいくことに。
グラナダがあるアンダルシア地方はフラメンコで有名な地域でもある。

RIMG1215.jpg RIMG1217.jpg
(洞窟の中でやるのが特徴)

フラメンコが終わったのは夜の11時ごろだった。

一杯だけお酒が飲みたいなあと思い、雰囲気の良さそうなバルに入ったがここが大当たり。

RIMG1238.jpg RIMG1244.jpg RIMG1236.jpg
(グラナダのバルではお酒を頼むと、タパスというお摘みのようなのが無料でついてくる。これがボリューム満点で、それだけで充分堪能できる。他の地ではタパスは有料だ。)

この店をえらく気に入った自分は次の日も行くことになる。

今でもちょっと恋しい。。。

2013/04/08 18:51 [edit]

category: 旅(スペイン)

tb: 0   cm: 0
マドリードに到着したが、そのまま鉄道でトレドへ向かった。

RENFEという、おそらく国鉄なのかな?がドリードからトレドまで特急を出している。

RIMG1049.jpg
(快適だが、乗っていたのはわずか30分ほど)

トレドの駅から市街までは徒歩約30分ほど。

少しずつ街が見えてくるが、近づくにつれてどんどん気持ちが高揚してきた。

RIMG1063.jpg
(トレドは半日も歩いていれば回れてしまう。)

橋を渡れば、もう市内。
宿にチェックイン後、さっそく街散策。

お決まりの聖堂やお土産やがあるが、道が細くて迷路みたいだった。

RIMG1092.jpg RIMG1083.jpg

日が暮れるまではまだ時間があったので、徒歩で町の外から一周してみた。
これがまた素晴らしい景色だった。

RIMG1160.jpg RIMG1158.jpg
(アップダウンはあるが、1時間半ほどで回れてしまう。)

トレドはそれほど大きい町ではなく、何か有名な物があるわけではないが、スペインに行くなら訪れる価値はあると思った。
マドリードから日帰りで訪れる人も多いようだ。

しかし…温かいと思っていたスペイン。
イタリア、フランスより寒いじゃないか!!

2013/04/07 10:57 [edit]

category: 旅(スペイン)

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top