けっきょく昨日寝たのが夜中の3時過ぎだった。

疲れていたのか、起きた時間が既にチェックアウトタイムを過ぎていた。
まあ問題ないだろうと思いつつも荷物をまとめてチェックアウトをすました。

今日はまず鼎泰豊へ。
さすがにお腹がもたれていたが、ここに行かずして台湾を語れない。
と勝手に思っている。

時間が早めだったのか、待たされることなく店に入ることができた。
前回来店した時も感じたが、ここの接客は素晴らしい。
キャパが広いのに、お客さん一人ひとりに従業員がしっかりと対応している。
かなり厳しい教育を受けているのだろうな。

それぞれ好きなのを頼んだが、自分は王道の小籠包とチャーハンさえ食べることができれば満足。
まあ、お腹ももたれていたし、それほど食欲も沸かなかったのだが。

しかし期待通り。
今回も美味しく召し上がらせてもらった。

台北2011 (215) 台北2011 (217)

個人的には有名な小籠包よりも、この店のチャーハンが大好き。
というか、自分の中では神的存在だ。
こんなに美味しいチャーハンは他では食べられない!
まあ他の店でチャーハンを食べることなんてめったにないのですが。

充分お腹を満たした。
もう帰るだけだが、空港に向かうバスの時間まで西門を散歩することにした。

今回は忙しかったので、なかなか西門を見る機会がなかったのでちょうど良かった。

台北2011 (229)

西門は台北の原宿や台北の中野なんて呼ばれたりしている場所がある。
その辺りをウロウロしていたら、あっという間に時間がきてしまった。

SHIさんは後、3日間は台北に滞在するので我々とはここでお別れ。
(羨ましいぃぃぃぃ!!!!)

あー、今旅もおわりかぁ。
終わってみれば早いなー。

帰りに次はどこに行きますか?
なんて話しもして既に次の旅に向けて話し合ったりしていたので、

~3日目流れ~

鼎泰豊
 ↓
西門散策

2011/02/18 00:53 [edit]

category: 旅(台湾︰2011)

tb: 0   cm: 0
平和島は充分?堪能したので、次は今日のメインである『平渓天燈フェスティバル 』へレッツゴー

行きかたは、ひとまず基隆駅に戻り、そこからバスで瑞芳駅へ。
瑞芳駅から鉄道平渓線に乗り、会場である平渓駅に降りる。

これが順調に行けば、1時間20分くらいで着くのだが…
そう、順調に行けばの話し。
ここからが今旅最大の修羅場だった。

瑞芳駅までは順調だった。
しいて言えば気温がけっこう低くなってきていたし、雨もだいぶ強くなっていたので、フェスじたいが開催されるのかが少し心配だったくらいか。

しかい本当の修羅場は瑞芳駅から。
まず駅に到着すると、フェスに向かう人たちでごった返していた。
なんせ行く方法が一つだけ。この鉄道に乗らなければならない。
普段は車も通れるが、混雑が予想されていたので通行規制がかかっていた。

鉄道のチケットを手に入れて、カオス状態のホームへ。
電車が到着したので、いっせいに乗り込む。
もちろん座ることはできない。
現地まで約40分くらいかかるので、少し憂鬱だった。

台北2011 (180)

しかし、実際は40分なんてもんではなかった。
恐らく1時間半かかったのかな。
なんせ電車が動かない。各駅で10分以上停車するのだ。
まあ線路は一本しかないし、この混雑じゃそりゃあそうだよな…

この鉄道。普段は一日に10本くらいしか運行していないのかな(?)

既に駅に到着した頃にはクタクタになっていだが、空を見ると既にランタンが空に幾つも舞っていた。
一瞬で疲れがぶっ飛び、この神秘的な風景に見とれてしまった。

もっと近くに行って飛ばすところを見ようということになりメインの会場へ。
そこでは謎のコンサートをやっていた。
台湾の有名アーティストが歌ったり踊ったり…
正直、必要性を感じなかった。

けど、メイン会場ではたくさんのランタンが飛ばされていた。
これには本当に感動した。

台北2011 (188) 台北2011 (194)

しばらく経ち、フェスを満喫した我々は台北に戻り今日も飲み明かそうということになった。

帰りは無料のシャトルバスが出ているのでそれに乗っていけばノープロブレム!
と思っていたのだが…
バス乗り場は既に長蛇の列が。
かなり歩いたが、最後尾までたどり着かない。
恐らく500mくらいはあったのでは。

うち等はシャトルバスを諦めて、鉄道で帰ることにした。
時刻表を見みると次の電車まで5分しかない!ダッシュだっ!
次の電車は2時間後だ!これを逃すまいと急ぐ俺たち!

しかし、なんら急ぐ必要はなかった。
そもそも大幅に電車が遅れているのだから。
しかし帰りの駅もめちゃめちゃ混んでいた。

帰りもラッシュか…と嘆く。

1時間くらいゆられ瑞芳駅に到着し、台北行きの鉄道に乗り換え。
ニアミスで乗り遅れ、1時間待ちぼうけを食らう。
ようやくやってきた電車もラッシュ。
1時間くらいゆられる。

台北に着き、宿のある西門駅に着いたのは既に夜中の12時半を過ぎていた。

もうくたくただ。
コンビニで酒を手に入れて宿飲みをして寝ようということになった。

しかい悲劇は最後まで続いた。
けっこう気温は低かったので、チョロチョロではあるが温かいシャワーを浴びてさっぱり。
のはずか、一発目に浴びたMO君が一言

『水しかでない…』

最悪だ…これは最悪だ…
今日と言う日が暑ければなんら問題はない。
しかし台湾と言えども今は真冬だ。
なぜ水しかでない…この宿にはほんとがっかりだ。

いやいやせっかくの海外旅行!
これも旅の醍醐味だ。
そりゃあ今日は大変なことも多かったが、基隆のうまい飯や、感動的なランタンの舞も堪能できた。

まあ、結果として良かったのか悪かったのかわからないが、やはり一番印象が強かったのは行きと帰りのラッシュだったような気がする。

明日は帰国だ。
例のレストランに行って最期を締めくくるぞ~

~二日目後半流れ~

行きのラッシュ
 ↓
平渓天燈フェスティバル
 ↓
帰りのラッシュ
 ↓
宿の水シャワー



2011/02/17 23:58 [edit]

category: 旅(台湾︰2011)

tb: 0   cm: 0
うーん、二日目も天気がすぐれないな。
実は初日もぱっとしない天気だった。
けど、本降りじゃないだけよしとしよう。

まず、台北の港町である基隆に飯を食べに行くことに。
台北駅でSHIさんと落ち合い、鉄道に乗ってレッツゴー!

基隆駅に到着するとどこかで見たことがある光景が。
これはハリウッドではないかっ!

都市伝説によると元祖が基隆で、真似したのがハリウッドだとか…

台北2011 (174)

基隆は港町なので市場にはたくさんの魚介類が売っている。
嬉しいのが、自分で買った魚をその向かいのレストランで調理してくれるのだ。

我々は魚、海老、はまぐりを買い料理をしてもらうことに。

ホント美味しかった。
幸せな一時でした。
ご馳走様でした。

台北2011 (125)  台北2011 (142)

次の予定まで時間が余ったので、近くにある平和島に行くことに。
歩いて30分くらいかかると聞いていたが、けっこう時間がかかった。
しかも工事中で観光客は立ち入り禁止だと…
そんなの関係ないですね。ということで我々は強行突入。

したのはいいんですが、工事中だし、天気も悪いし、ちっとも楽しくなかった。
なんで、地球の歩き方に載っているんだよ…ったく。

台北2011 (168)

時間もちょうどよくなってきたので、次の目的地であり、二日目最大のメインイベントでもある『平渓天燈祭り・台北ランタンフェスティバル』へ向かう。

3人ともテンションもあがってきた。
この後に過酷な試練を迎えることを知らずに…

~二日目前半流れ~

基隆
 ↓
平和島

2011/02/16 01:10 [edit]

category: 旅(台湾︰2011)

tb: 0   cm: 0
さてさて
士林夜市に到着し、どこでもいいのでビールを飲める店を探し入ることに。

ビールのつまみにハツのタレ焼き、カキのオムレツ、小籠包を注文。

台北2011 (52)

どれも美味しかったが、残念なことにさっきの牛肉麺がたたり、たくさん食べることができなかった。
しかしビールはすすむ。
酔いもまわってきたので、露店散策をしようということに。

台北2011 (66)

実はこの散策が夜市の醍醐味でもある。
面白い物や店が並んでいるのだ。

今回は、ファミコンの形をした謎の本体やそのカセットを発見(撮影しようとしたら怒られた。)

畳三畳分くらいのiphoneショップを発見。
林檎が欠けていなかった(もちろん撮影禁止だ…)

夜市を充分堪能し、次の目的地へ。

事前に仕入れていた情報で、この日はband aidが主催する音楽フェスが開かれるとのこと。

とっくに開演時間が過ぎていたので自分達は入れるのか不安だったが、あっさりチケットを入手し会場へ。
会場を覗いてみると…あれっ? 客が少ないぞ…つーか会場も対して大きくない。
これホントにband aid主催なの?

ま、まあいいや、とにかくライブを楽しもう!
というか、実際けっこう楽しめた。
遅くなってしまったので、ラストの2バンドしか観ることはできなかったけど、この2バンド。けっこう良かったです。

ただ思ったこと。
このフェスに出たアーティストは台湾でも知名度が低いと思う。

後、このフェスが開かれていた場所。
元々、廃墟になっていた幾つかの倉庫をライブ会場やレストランなどをオープンしていて、こ洒落た雰囲気になっていた。
日本にもこういった試みがあるが、台北もやっているんだなあと感心。

台北2011 (76) 台北2011 (70) 台北2011 (82)

しかし今日はなかなか濃い一日だった。
後は宿に帰ってビール飲んで寝るだけだ。

明日はSHIさんと合流だ。
楽しむぞー

と、順調にはいかず…

一日目最後の落ちですが、完璧だと思っていた今回の宿に一つだけ欠点が。

シャワーが弱すぎる…チョロチョロっとしか出ない…

台北2011 (21)

まあそれくらい我慢するか。
どうせ、宿泊もあと一日だしね。

~一日目後半流れ~

士林夜市
 ↓
band aid主催のライブ

2011/02/15 23:57 [edit]

category: 旅(台湾︰2011)

tb: 0   cm: 0
2月11日~13日の3連休に台湾旅行に行ってきた。

まさかの二回連続で海外旅行が台湾になるとは。
とは言っても、8割は前回と違う場所に行ってきた。
そして今回は友人であり、旅マスターでもあるMO君と行ってきた。
そして二日目からは、これまた旅マスターのSHIさんと合流するという計画だった。


今回は成田→桃園国際空港のフライト。(帰国も)
本当は羽田→松山がベストなのだが、やはり3連休だったので旅行を企画した時は既にキャンセル待ち状態であった。
実際、成田→桃園国際空港を取るのにもかなり苦労した。

朝、九時半のフライトで台北へ。
途中、機内食がでてきたが、やはりまずい。(チャイエア)
ほとんど、手をつけず…

到着後、予約していた台北シティーバックパッカーホステルへ。
前回は宿探しに苦労してので、今回は事前に予約してから行った。
いや~、今回の宿はとても綺麗だった。

IMGP3635.jpg


レセプションも英語通じるし、前回の修羅場とは全然違うぜ!

まずは飯を食べることに。
そこで旅マスターMO君の本領発揮。

牛肉麺という台湾のポピュラーな料理がある。
MO君が知る人ぞ知る名店を知っているので、そこに行こうという話しになった。
事前の情報では、看板もなく、見つけるのにかなり苦労するとの話しだった。
やはりそこは旅マスターだ。
いとも簡単にその店を発見。

言葉がわからないので、何となくで注文。
そしてラーメンと蒸し飯みたいのがでてきた。
とても美味しそうだ。いや、美味しくないはずがない!

期待を寄せて麺を一口すする。

あれっ…この味…まさか…八角じゃないか…うん、間違いない…これは八角だ…

麺は太くてこしもあり、歯ごたえは充分だったのだが…
全く食べることができなかった。

MO君も自分が八角がダメなのを知っていたので平謝り。
なんと俺の分まで食べてくれた。(申し訳ないっ!!!)

代わりに蒸し飯を完食させていただきました。

IMGP3640.jpg  IMGP3639.jpg

いやー、しかし一発目にまさかの八角がくるとは。
これも旅の醍醐味だ。
というか、MO君はよくもまあこんなローカルな店を知っているなあ。

さてさて
飯も食ったことだし、次の目的地である北投温泉に入りに行く。
台北駅から地下鉄でわずか30分くらいで温泉街に行けてしまう。

とりあえず駅について日帰り温泉を探す。
しかしなかなか見つからない。
大きな旅館は沢山あるが、値段も高いのでさすがに無理。
歩くこと20分
ようやく、一つの露天風呂を発見。
値段もわずか40元(120円くらいか)
早速入場してみるとかなりの人ごみだ。
たぶん現地組が多いんだろうと思う。
段取りがわからないので戸惑いながらも、なんとか水着に着替えて湯船につかる。
めちゃめちゃ気持ちよかった。
幸せなひと時を味わえました。

IMGP3649.jpg

さて体も温まったし、次はどうしよう。
ということで、士林夜市に決定!
本日初のアルコール!ビールだっ!ビール!
(北投から士林夜市も地下鉄で10分くらいの距離にあるので簡単に行けてしまうのだ。)

後半へ続く。

~一日目前半流れ~

桃園国際空港
 ↓
 宿
 ↓
北投温泉

2011/02/14 13:13 [edit]

category: 旅(台湾︰2011)

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top