この日は実質タイ最終日。
日をまたいで1:00AMのフライトで帰国。

宿をチェックイン後、お土産を買いにバンコクのスーパーへ。

タイ (168) タイ (169) タイ (170)
(バンコクの都会…実は初上陸)

デパートに入っているスーパーマーケットへ

タイ (172) タイ (176) タイ (175)
(色々あるもんだ。。)

特にやることもないので、久しぶりにカオサン通りを冷やかしに。
前回はアソークのあたりから、トゥクトゥクをチャーターしたので、今回はボートで行くことにした。

タイ (181) タイ (185) タイ (188)

買い物したり、ボートでのんびり向かっていたせいか、気がついたらカオサンに到着したのは16:00くらいだった。
カオサン通りの露天を冷やかしながら、軽くお酒を飲んだらえらい酔っぱらってしまった。

タイ (199) タイ (212) タイ (214)
(カオサンはパタヤと違い、若い欧米人が多い。)

その後は、夜のバンコクを飛行機のチェックインギリギリまで満喫した。
束の間のタイ旅行ではあったが、バンコク近隣でもまだまだ行きたいとこはある。
情勢不安定だったり、外国人受け入れに閉鎖的な措置を取り始めてはいるが、やはり行くと天国だった。

今年もう一度くらい行きたいなー







2014/06/04 22:03 [edit]

category: 旅(タイ:二回目)

tb: 0   cm: 0
3日目はパタヤからバンコクへ行くことに。
情勢が気になるので、もう一泊ほどパタヤでもいいかと思っていたが行くことにした。

バンコクへ行くのなら、タイ・サッカーリーグを観るつもりだった。
ただ、試合が開催されるのか不安でもあった。
事前の情報ではキックオフを早めるとのこと。

まあ、やっていなかったら別の場所に行けばいいし、門限もこの日から延びていたの何とかなるかと。

まずは、バスでバンコクまで行き、そのまま当日に予約していた宿にチェックイン。
(予約サイトで手続きしたほうが、直接交渉より格安だったりするので。)

しかしバンコク熱い…BTSの電光掲示板を確認すると、最高気温は39度までいくとのこと…
自分はあまり汗をかくタイプではないが、既に汗だく状態だ。

ひとまず、空いてるBARに入って、チャーンビールで休憩。

タイ (112)
(くぅぅぅぅぅう!!!)

体力も回復し、いざスタジアムへ!
事前に調べた情報だと、スタジアムへはデモ会場ともなっているビクトリーモニュメントからタクシーで行くのが便利だと。

うーん…大丈夫か…しかし行くしかない。

タイ (114) タイ (121)

帰宅する人、野次馬、軍、メディア、デモ隊が錯綜している。
故にそこまで危険は感じなかったが、これが日常の風景と思うと少し怖い。

タクシーを何台も捕まえるが、諸に渋滞する道らしく、ほとんど拒否される…
途方に暮れていると、一台のバイクタクシーを発見し、交渉成立。
スタジアムには無事到着した。

しかし、運転が荒過ぎて恐かった。

タイ (129) タイ (126) タイ (127)

スタジアムの外は公園になっていて、そこにはジョギングしている人、寝ている人、ほかにスポーツしている人など、牧歌的な雰囲気が流れていて心地よい。

因みに今日の試合はバンコク・ユナイテッド × スパンブリーFC だ。
ホームはバンコクだが、アウェイのスパンブリーには日本人プレーヤーのカレンロバートが所属している。

ということで、アウェイ側のチケット買おうとしたが、アウェイ側はゴール裏のみ。
そのゴール裏がかなり観にくそう…

その他がホーム側扱いとなっているようだ。
バンコク・ユナイテッドのサポーターは基本バックスタンドで応援しているらしい。

しかも、バックスタンドは無料だという。
てっことでバックスタンドに変更。
(アウェイ側は150バーツ)

タイ (134) タイ (135) タイ (142)

タイのサポーターは日本とは相違があった。
例えるのならば、チンドン屋のような雰囲気がw
けど、サポーターはかなり熱い。
ちょっとしたことで、罵りまくっていた。(雰囲気気に)

タイ (147) タイ (138)

さて、肝心の試合だが、、、カレンロバートはベンチ…
えっ、タイリーグでもサブなのかよ。

結果は1-3でスパンブリ―FCの勝利。
リードされた後半からカレンは登場。

なんと逆転、追加点の2ゴールの活躍!
しかし…あの人スタミナないなー
後半からなのに、途中からバテバテ…熱いのはわかるが、もう少し頑張りましょうよw

まあ、試合が楽しかったから良かった。
けっこうレベルも高かったし、スパンブリーはいい選手けっこういたな。

さて、試合も終了したので、再び街へ繰り出すことに。

今日は門限も伸びたし、ギリギリまで遊ぶぞ!
ってことで、夜を満喫しましたー



2014/06/01 14:42 [edit]

category: 旅(タイ:二回目)

tb: 0   cm: 0
お昼過ぎても静寂に包まれているパタヤ

暇なので、マッサージにでも行って、その後ビーチでのんびりすることに。
今日行くビーチはパタヤからソンテウで南に20分ほどのジョムティエンビーチへ。
パタヤビーチと同様にそこまで透き通ってはいないが、静かでのんびりできるとのこと。

タイ (59)
(10バーツで行けちゃう)

実際に到着してみると、本当に静か…こっちに来て正解だった。

まずは、ビーチチェアを100バーツで借りる。(タイでは基本ビーチチェアを有料で借りる)
他に、ビール80バーツとパッタイ100バーツを注文。

タイ (62) タイ (67) タイ (68)
(パッタイは口に合わなかったので残しました…すいません。)

16:00も過ぎたので、いったん宿に戻ることに。

シャワーを浴び、屋台でご飯を食べていたら、隣のビア・バーで日本対キプロスを放送していたので、そこでサッカーを観戦。

タイ (76) タイ (77)
(カオマンガイはめちゃめちゃ美味しかった。)

その後は夜のパタヤを楽しむことにし、歩き回ったり、店にちょいちょい入ってみたりで門限まで満喫させてもらった。

タイ (83) タイ (84) タイ (89)
タイ (91)

明日からはバンコクへ行くことに。
クーデターの状況はどうなのだろうか…そこが少し気がかりだ。

2014/05/31 13:15 [edit]

category: 旅(タイ:二回目)

tb: 0   cm: 0
5/26~5/30までパタヤとバンコクへ行ってきた。

往復チケットが25.000円という破格の値段に喰いついてポチッたわけだが、
その直後にまさかのクーデター宣言…それはポチってから30分後だった。。

夜間外出禁止令や各交通機関も9時にはストップなど…かなり不安だったが、腹をくくって行くことにした。

結果としては、最高に楽しめた旅(?)バカンスになったわけだが。

初日はバンコクの空港に17:00頃到着予定で、とりあえずパタヤへそのまま行くことにした。
色々と行く手段はあるが、一番リーズナブルで便利なのは直通バス利用すること。
最終便が18:00なのだが、今回利用したアジア・アトランティック・エアラインズというLCC航空会社…
レビューを見るとかなり評判が悪い。
遅延してしまうと、計画がかなり狂ってしまうが、そもそもタイに行く時点である意味賭けみたいなもの。
何とでもなれという感じで現地に向かった。

結果として、何事もなく到着したわけだが、今回の旅はこの時点で決まったようなものなのかもしれない。

タイ (1) タイ (6)

このバスのいいとこは、宿の前までしっかり送ってくれること。
これは有難かった。

さて、宿にチェックインして早速、パタヤの街を徘徊。
クーデターとは? てなくらい街は盛り上がっている。
歩いているだけで楽しい。

BAR(女の子が沢山)100件以上あるのではないだろうか。
そこで普通に飲んでもいいし、女の子とお話ができるシステムになっているようだ。

タイ (33) タイ (35)

そういった類の店が種類分けされていて、沢山ある。
種類によって微妙にルールが違うようだ。

他にもデパート、ファストフード、ローカル的な屋台、土産屋、マッサージ屋等がひたすら続いている。

しかし…普段なら夜通し続いているわけだが、パタヤも同様、外出禁止令がある。
22:00の門限は守らないものの、23:00には町は静寂につつまれていた。

常連さんにとってはこの状況は信じられないらしい。
初のパタヤ宿泊の自分として、夜はゆっくり眠れるからいいかなあと思っていたが。

自分も22:30頃宿に戻った。
テレビを着けると、サッカー日本代表特集のようなのをやっていた。

タイ (53)

真ん中の人はタイで活躍している日本人プレーヤーなのかな。。

明日はビーチでゆっくりしようと思っている。




2014/05/30 18:19 [edit]

category: 旅(タイ:二回目)

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top