ブダペスト2日目も観光をメインに。

先ずは鉄道西駅へ。
ここには世界で一番美しいと呼ばれている(?)マクドナルドがある。

西駅に到着したが、ここにも中東系の人々がたくさんいた。
故に外観では世界一とは感じなかった。
しかし店に入るとガラッと雰囲気が変わる。
0.5階がマクドナルドで1.5階がマックカフェになっていた。

IMG_6807.jpg IMG_6821.jpg IMG_6818.jpg

入り口に警備員もおり、セキュリティもしっかりしていたようだ。
フリーWi-Fiがあったので、朝ごはんがてら、1時間半ほど居座っていた。

その後、再び市内中心部へ。

IMG_6844.jpg IMG_6847.jpg
(国会議事堂)

IMG_6867.jpg IMG_6871.jpg
(教会。 名前は忘れた)

IMG_6895.jpg IMG_6896.jpg
(オペラ座。 プチオペラがリーズナブルな値段で鑑賞できる)

IMG_6897.jpg
IMG_6900.jpg
(アンドラージ通りからの英雄広場)

IMG_9849.jpg IMG_9851.jpg
(ブダペストの地下鉄は世界で3番目に運行開始したらしい)

一通り建造物などの観光は終えたので、土産購入がてらに中央市場へ行くことに。
ここにはブダペストご当地物が多く揃えてあり、歩いていても飽きることはない。

IMG_6911.jpg IMG_6936.jpg IMG_6916.jpg

気がつくと夜も暮れてきた。
明日の朝にはブダペストの空港に着いておかなければならないので、宿周辺のpub街で食事を済ませ、ゆっくりすることにした。

IMG_6979.jpg IMG_6981.jpg IMG_9097.jpg
(夜は売春婦みたいなのが、一人で発狂していたりしてた)

そんなんで、今回の旅も終了。
初の中東欧もいうことで、情報も少なく苦戦した部分はあったが、終わってみればそれも思い出。
有意義な旅ができた。

さてさて、出発日の朝。
まさかの寝坊をしてしまい、危うくフライトに間に合わないとこだった…
気が抜けていたのだろうか。

実は、年が明けたと同時に友人と近くの神社でおみくじを引いたのだが、そこのに旅運というのが記されていた。

そこには…
『旅行:悪し』
という文字があった…

それもありわりと気を使って旅行していたのだが。。

家に着くまでが旅ですよ…なんて改めて考えされられた。

2015/10/19 20:29 [edit]

category: 旅(ハンガリー)

tb: 0   cm: 0
それにしても熱い。
気温は37度くらいあった。

IMG_6712.jpg IMG_6714.jpg
(ビールがすすむ)

IMG_6660.jpg IMG_6663.jpg
(くさり橋)

IMG_6665.jpg IMG_6666.jpg
(くさり橋からの王宮)

IMG_6672.jpg IMG_6670.jpg
(王宮からのくさり橋)

IMG_6679.jpg IMG_6676.jpg IMG_6707.jpg
(丘を登り、王宮周辺はけっこう広いです)

IMG_6689.jpg IMG_6701.jpg
(マーチャーシュ教会)

IMG_6758.jpg IMG_6745.jpg IMG_6743.jpg
(夜の市内地公園にはブダペストのキッズたちが大勢集まっていた。)

IMG_6760.jpg IMG_6761.jpg
(夜の王宮とくさり橋のライトアップは有名)

そんなんで、一日観光に回った一日だった。
明日は実質最終日。

もう終わりかと思うと、切なくなってくる。




2015/10/18 12:42 [edit]

category: 旅(ハンガリー)

tb: 0   cm: 0
早朝4:30頃にブダペストのバス停に到着。
予定より1時間以上早く到着。

予約していた宿確保のチェックインまでは時間があるので、とりあえず鉄道「東駅」に向かう。
なぜなら東駅では、わりと大きなバッグパックを預けるのも可能だという情報を得ていたので。

IMG_6590.jpg IMG_6595.jpg

それほど大きな駅ではなかったが、外観には歴史を感じ、メトロも普及、日本でいう東京駅みたいなものだろうか。

それにしても、ホームレスが多い。
どちらかというと中東系の人々。
(今思うと、彼らはシリア難民だったのかな)

荷物置き場で迷っていると、通りがかりの人がわざわざロッカーまで連れて行ってくれた。
また現地人に助けられた…。

朝早かったが、とりあえず観光へ。

IMG_6608.jpg
(シナゴーグ。 ハンガリーでは珍しい。)

IMG_6637.jpg IMG_6633.jpg
(エシェーベルト橋)

IMG_6649.jpg IMG_6647.jpg IMG_6650.jpg
(ツィタデッラ要塞←外観のシュールな像…これ実際かなりでかいです。)

IMG_6625.jpg IMG_6627.jpg
(歩行者天国)

宿のチェックイン時間になったので、向かうことに。

最寄駅に到着して探すが全く見つからない。
仕方がないので、空いていたbarの白人女に尋ねる。

白人女『i dont know』

住所も見ずに即答。
カチンときてビッチと言いそうになった。

二つ隣にもbarがあったので、そこの白人女に尋ねた。
すると親切に教えてくれた。

なんと先ほど白人ビッチ女が働いていた店の隣ではないか…。
まじありえんわ。

因みに…なぜ宿が見つからなかったのか。
ハンガリーにはアパートメントを宿として営業してるとこが多いので、一軒普通の建物と変わらない。
故に見つけるのに苦労する。

ということで、当方は宿のオーナーに電話した。
すると15分遅れでオーナー現れる。
やはり…スタッフはレセプションに常駐していないようだ。

実際に自分が泊まった宿は古き良きアパートメントの一室で、エレベーターの戸締りは手動式。
正直感動して、住んでみたいとも思った。

IMG_6729.jpg IMG_6728.jpg IMG_6731.jpg

ヨーロッパのリユース精神は本当に素晴らしい。
また、部屋はしっかりとリフォームされていて、建物の古さから比較するとまるで違う。

IMG_6734.jpg IMG_6739.jpg

この宿は当たりだった。
オーナー(明らかに20代いわく、初のジャパニーズ宿泊者とのこと。)

因みにブダペストにて、この手の宿はホテル未満、ゲストハウス以上の価格といったところだ。


さてさて、そんな感じで一息ついたので、再び観光へ。
ブダペストと言ったらあそこ。
くさり橋からの王宮ね。


2015/10/17 20:20 [edit]

category: 旅(ハンガリー)

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top